コロナウイルス拡大の今のお金の置き場

令和の時代になり、これだけ、医学が発達した日でも、コロナウイルスという目に見えない殺人コロナウイルスの感染拡大により、世界中が大混乱になっています。

私が生きてきた中でも、これほどの事はいままで無かったと思います。

コロナウイルスが怖いのは、治療薬が無いこと、そのため我が日本でも
外出自粛が叫ばれ、予防のためのマスクさえも品薄で買えない状態、

コロナウイルスの感染拡大を最小限にするには、人との関わりを持たない事です。そこで、仕事も自宅待機やテレワークと言った手段になっています。

コロナウイルスだけが怖いのではなく、仕事をテレワークでできる人は、それでも良いのでしようが、接客の仕事をしている人やお店など
様々な多くの人が生活できなくなり、経済成長が極端に悪化することが
本当に心配です。

そして、生きていくために、必要なお金を、どこに置いておけばいいのか?これも一つの問題です。

定期預金や普通預金を普通なら考えると思います。もちろんそれでも良いでしょう。定期預金や普通預金は、通常銀行に預け入れをします。

この銀行が、このコロナウイルスの影響でどうなってしまうのか?

もし、銀行が倒産してしまうと、預金保険制度の元本1000万円までと利子については、国が守ってくれても、それ以上の額は保証されません。

ならば、一銀行よりも、国が補償する個人向け国債を、置き場にしたらどうでしょうか?

もし、個人向け国債に万が一のことが起こった時は、もはや日本国は終わりの時なので、そこまで心配しても、個人の力ではどうにもならない事になります。

個人向け国債ならば、補償額の上限もありません。

それと、今は対面での接客は極力避けたいときでもありますから、
ネットで取引が完了する、金融機関を選ぶことがポイントです。

銀行でも証券会社でもどこの金融機関でも、個人向け国債は販売窓口になっているだけで、発行元は国ですから、心配ありません。

ネットで個人向け国債を購入できる金融機関のページは下記から
確認してください。
http://government-bond.dd-saving.com/index.php?go=ofTUbf

私は、現在健康でありますが、コロナウイルスのことを考え
はじめて、遺言書を書きました。

コメント


認証コード3615

コメントは管理者の承認後に表示されます。