腰を痛めました・・

ふとした瞬間にギックリ腰になりました。痛みを我慢すれば良くなるのかと思ったら、その時は益々痛みが酷くなり、寝返りすらできない状態に・・一番困ったのが、トイレです。もう死にもの狂いのほふく前進で
トイレに向かい、そこからまた座るのも大変な激痛・・もう、身体の何処が悪くても大変ですが、とにかく健康が一番と感じました。トホホの日々(笑)

もう、個人向け国債とは全く関係のない話ですが、個別株の売買を昨年から初め2021年は、ほどほどの利益をだせましたが、2022年相場は
荒れ模様もいいところ、相当に難しい相場となっています。

以前、お話しましたが、個別株はリスク資産となるので、勿論マイナスになる事もあります。

今は地政学リスクやアメリカのインフレを緩和する為の利上げ、バランスシートの圧縮などなど、波乱の年となり、アメリカのダウ指数・S&P500指数・ナスダック指数共に下落しております。

ようは、利上げをするなら株など買っていられないという事です。
しかし、アメリカの株は世界経済の元になるので、アメリカの指数が上がらない事はゆくゆくは景気の問題も出てきます。

日本も当然アメリカの影響は受けますから、他人事ではありませんね

今、貯蓄から投資へと言われていますが、今は世界的に予想外の出来事が起きているので、しばらくは様子見でも良いのではないでしょうか?

しかし、お金を寝かせておいても増えないので、元保証の定期預金や個人向け国債を手堅く使いましょう。

コメント


認証コード5992

コメントは管理者の承認後に表示されます。