個人向け国債買い方

個人向け国債 買い方

参考)具体的な個人向け国債の買い方はコチラ

管理人も初め個人向け国債を、どうやって買うのか?分かりませんでした。身近な銀行ならば窓口に出向き「個人向け国債を買いたい」と申し出れば、手続きしてくれます。



ただ、どうせ同じ個人向け国債を買うならば、キヤンペーンを利用し
お得に買いたいと思ったのです。


個人向け国債は、国が販売を金融機関に委託しているだけで、証券会社、銀行、労働金庫、JA、信用金庫、信用組合と何処で買っても同じです。


管理人の身近な銀行ではキャンペーンはやっていなかったので、次に証券会社を検討しました。キヤンペーンをやっている証券会社でも窓口対応のみの場合、仕事を休んで窓口に出向くのは難しいと判断し、


次にネットで取引可能、プラスキャンペーンをやっている所にしぼりました。


ネット証券よりも、還元率が良いSMBC日興証券で個人向け国債を
買う事にしました。

参考)具体的な個人向け国債の買い方はコチラ


SMBC日興証券で初め1万円だけ買い、その後キャンペーン対象金額を買いました。


他にもSBI証券、マネックス証券、大和証券、野村証券で個人向け国債を買った事があります。


教育費の為の資金だったので、解約をしている証券会社もあります。

様々な証券会社を活用して感じるのは、ホームページの見やすさ
取引画面のわかり易さ、操作の方法で分からなくなった場合の


コンタクトセンターの対応を考慮



管理人の個人的な見解ですが」

SMBC日興証券の取引画面は分かりやすく、操作が分からに場合の
コンタクトセンターの対応はピカイチです。
還元率は香川証券には劣る所は残念


大和証券の取引画面は少し見づらいく分かりにくい点が多々ありますが個人向け国債キャンペーンの他ポイントが付くのは魅力です。
還元率は香川証券に劣ります。

野村証券の場合、ダイレクトコースを選んでも、軽い電話勧誘がかかってきます。取引画面は比較的分かりやすいです。
還元率は香川証券に劣る


マネックス証券は取引画面が分かりやすく良いのですが、個人向け国債キャンペーンを定期的には行っていません。


SBI証券は取引画面は普通です。個人向け国債キャンペーンを随時開催していますが、還元率がやや劣ります。

総合的にSMBC日興証券は使いやすいと思います。
還元率が国内トップでないのが残念ではありますが
ネットで買付けOK、中途解約もコンタクトセンターに電話すれば
すぐに対応してくれます。



実は、SMBC日興証券で買った個人向け国債の一部を売却する時に
その日が13日だったので、コンタクトセンターの方が「お急ぎでなければ15日の利息支払日以降に売却したらいかがですか?」とアドバイスしてくれました。


これって親切ですよね
(個人向け国債は直近2回分の利息は差し引かれ中途解約できる商品です)


電話で中途解約を申し込むと4営業日後に、事前指定している銀行に出金してくれます。(無料)



個人向け国債を買う時に、キャンペーンの還元率だけでなく取引やサポートの充実も考慮し自分に合った金融機関をお使いください。

コメント


認証コード1406

コメントは管理者の承認後に表示されます。