個人向け国債10年

個人向け国債10年変動

個人向け国債には10年変動、5年固定、3年固定の3種類があります。

5年固定、3年固定は固定金利となり、現在下限金利の0.05%が償還(満期)まで続く金融商品です。

個人向け国債10年変動に関しては、半年毎に情勢金利に応じ変動する変動金利です。
適用利率は基準金利に0.66%を掛けた値になり、インフレで金利が上昇した場合には、連動して金利上昇が見込める商品です。



現在、個人向け国債10年変動も下限金利0.05%に留まっています。


ですから、今後は上昇する見込みの可能性か下限金利の0.05%のを維持する形となります。

3種類の内どの個人向け国債を選んだら良いのか?と迷う方もいらっしゃると思いますが、元本保証で長く保有を検討されている方ならば、迷わず個人向け国債10年変動を選ばれると、良いと思います。



それは、現在は下限金利ですが金利上昇の見込みが少しでもあるからです。


又、個人向け国債キャンペーンを利用する場合、販売会社にもよりますが、3年固定を対象外としていたり、個人向け国債5年ものと個人向け国債10年ものの還元率を相違している場合もあります。


個人向け国債キャンペーンで10年変動を最も還元率を良くしている金融機関が多数あるのも、10年変動を選ぶポイントになります。


個人向け国債は何処の金融機関で購入しても同じ商品です。
個人向け国債キャンペーンを実施し、還元率がよく、取引し易い金融機関を選ぶ事と良いでしよう。

コメント


認証コード3327

コメントは管理者の承認後に表示されます。