個人向け国債のキャンペーン情報 販売会社のキヤンペーンの比較を解説しています。毎月更新

住信SBIネット銀行の活用

住信SBIネット銀行

三井住友信託銀行とSBIホールディングスが出資会社とするインターネット専用の銀行です。


住信SBIネット銀行のメリット画面


メリットその1 他行振込手数料月間3回無料

 振込手数料概要
当銀行間への振込0円
他行への振込月3回まで無料
4回からは1回154円(税込)

振込手数料無料は鉄則

住信SBIネット銀行に口座を開設していれば、無条件で月3回まで無料で他行への振込ができます。振込手数料を支払っていたら、定期預金の金利など、吹っ飛んでしまいますからメリットの高いサービスです。


メリットその2 入出金手数料が無料

住信SBIネット銀行入出金ATM画面
24時間365日

ATM預入引出残高照会
セブン銀行0円0円0円
ゆうちょ銀行0円合計月5回まで無料
6回目からは1回108円
0円
イーネット0円"0円
ローソンATM0円"0円
ビューアルッテ取扱いなし0円0円

●ゆうちよ銀行の場合時間帯の制限あり
●JR東日本ビユーアルテッテ各営業時間内・年中無休

入出金手数料無料は鉄則

セブン銀行ATMなら24時間365日(メンテナンス除く)いつでも何回でも手数料無料です。

他の銀行について
4月から消費税増税になり他銀行では入出金手数料が有料になった銀行も多くあります。仕方がないと諦めてはいけません、入出金手数料など支払っていたら馬鹿になりません。



寛大に考えて、出金に手数料がかかるのは分かりますが、何故入金するのに手数料がとられるのか?理解出来ません。また時間帯によって無料や有料になる銀行や回数制限を設けいている場合もありませが、それでは利便性に欠けます。



何時でも、何回でも入出金無料の住信SBIネット銀行は価値あるサービスを提供していますと言えます。


ハイブリット預金0.1%の普通預金

ハイブリット預金画面

ハイブリット預金のメリット

住信SBIネット銀行のハイブリット預金は普通預金ですが0.1%の高金利です。

メガバンクの普通預金が0.020%に留まっているのと比較すると5倍の金利です。SBI証券との連携ができ、個人向け国債や人気のSBI債の買付けにも便利です。


コメント

管理人もメインバンクの1つとして活用している住信SBIネット銀行は日常的に便利に活用しています。


金利だけをみると、他行より劣る点はありますが、銀行を活用する上で、入出金手数料、他行振込手数料が無料なのは、資金の移動の柔軟性があり非常に便利です。


上記の他にも、自動振込設定機能を利用すると毎月決まった日に自動で振込が完了します。1回設定すれば自動で振込ができ、家賃や仕送りに便利です。(月3回までは無料)


目的別口座の設定も可能でお金を管理するのに便利に活用できます。


⇒住信SBIネット銀行口座開設はコチラ(無料)


powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional