個人向け国債は、全国1,047社の金融機関で購入できます。しかし、どうせ買うならキャンペーンを利用して、現金をプレゼントしてもらうのがお得です。個人向け国債キャンペーンの比較をする際に、どうぞ当サイトをお役立て下さい!

個人向け国債キャンペーンで貰える現金プレゼント一覧(2018年12月度)

変動10年債の個人向け国債を10万円以上、50万円未満まで購入するケース

ここでは、小額でもキャンペーン対象となる変動10年の個人向け国債を10万円以上50万円未満まで購入する際の、プレゼントの金額の一覧です。2018年12月においては、10万円以上で一番お得な金融機関は、楽天証券になります。

順位販売会社10万円以上30万円以上50万円以上
1位楽天証券100ポイント300ポイント500ポイント


変動10年債の個人向け国債を50万円以上、200万円まで購入するケース

ここでは、個人向け国債の変動10年の個人向け国債を、50万円以上200万円まで購入する際の、現金プレゼントの金額の一覧です。2018年12月度においては、50万円以上で一番お得な金融機関はSBI証券、100万円以上では香川証券、三木証券になります。

・表の中のい数字が、プレゼント条件の一番良い会社、い数字が二番目に良い会社です

順位販売会社50万円以上100万円以上150万円以上
1位SBI証券新規2500円
500円
新規3000円
1000円
新規3,000円
1,000円
2位香川証券2000円4000円4000円
2位三木証券2000円4000円4000円
3位いちよし証券-3000円3000円
3位東洋証券-3000円3000円
3位楽天証券500ポイント2000ポイント3000円ポイント
-岡三証券-2500円2500円
-SMBC日興証券-2000円2000円
-野村証券-2000円2000円
-岩井コスモ証券-2000円2000円
-大和証券-2000円2000円
-みずほ証券-2000円2000円
-丸三証券1000円2000円2000円
-ゆたか証券※1000円2000円2000円
-岡三
にいがた証券
-2000円2000円
-三津井証券-2000円2000円
-エイチ・エス証券-2000円2000円
-静岡東海証券-2000円2000円
-播陽証券-2000円2000円
-むさし証券2000円2000円
-第四証券-1500円1500円

※:ゆたか証券では、25万円以上50万円未満で500円分のクオカードプレゼントとなります。



変動10年債の個人向け国債を200万円以上の大口で購入するケース

ここでは、個人向け国債の変動10年の個人向け国債を、200万円以上から大口まで購入する際の、現金プレゼントの金額の一覧です。2018年12月度においては、この金額帯で一番お得な金融機関は、香川証券、三木証券となります。500万円以上で一番お得な金融機関は複数社となります。

・表の中のい数字が、プレゼント条件の一番良い会社、い数字が二番目に良い会社です

順位販売会社200万円以上300万円以上400万円以上500万円以上1000万円以上
1位香川証券8000円1万2000円1万6000円2万円4万円
1位三木証券8000円1万2000円1万6000円2万円4万円
2位いちよし証券6000円9000円1万2000円2万円4万円
2位東洋証券6000円9000円1万2000円2万円4万円
3位SMBC日興証券4000円6000円8000円1万5000円4万円
3位野村証券4000円6000円8000円1万5000円4万円
3位岩井コスモ証券4000円6000円8000円1万5000円4万円
3位丸三証券4000円6000円8000円1万5000円4万円
3位みずほ証券4000円6000円8000円1万5000円4万円
3位大和証券4000円6000円8000円1万5000円4万円
3位ゆたか証券4000円6000円8000円1万5000円4万円
3位岡三にいがた証券4000円6000円8000円1万5000円4万円
3位三津井証券4000円6000円8000円1万5000円4万円
3位エイチ・エス証券4000円6000円8000円1万5000円4万円
3位静岡東海証券4000円6000円8000円1万5000円4万円
3位むさし証券4000円6000円8000円1万5000円4万円
3位楽天証券4000ポイント6000ポイント8000ポイント15000ポイント30000ポイント
-岡三証券5000円7500円1万円1万2500円3万5000円
-第四証券3000円4500円6000円1万円3万円
-播陽証券4000円6000円8000円1万円2万円
-SBI証券新規4000円
2000円
新規5000円
3000円
新規6000円
4000円
新規7000円
5000円
新規1万2000円
1万円




固定5年債の個人向け国債を50万円以上、200万円まで購入するケース

ここでは、個人向け国債の固定5年の個人向け国債を、50万円以上200万円まで購入する際の、現金プレゼントの金額の一覧です。2018年12月度においては、50万円以上で一番お得な金融機関はSBI証券、100万円以上ではSBI証券、香川証券、三木証券になります。

・表の中のい数字が、プレゼント条件の一番良い会社、い数字が二番目に良い会社です

順位販売会社50万円以上100万円以上150万円以上
1位SBI証券新規2500円
500円
新規3000円
1000円
新規3000円
1000円
2位香川証券1500円3000円3000円
2位三木証券1500円3000円3000円
2位楽天証券500ポイント2000ポイント3000円ポイント
3位岡三証券-2500円2500円
-SMBC日興証券-2000円2000円
-野村証券-2000円2000円
-いちよし証券-2000円2000円
-東洋証券-2000円2000円
-岡三
にいがた証券
-2000円2000円
-丸三証券1000円2000円2000円
-エイチ・エス証券-2000円2000円
-播陽証券-2000円2000円
-むさし証券2000円2000円
-岩井コスモ証券-1500円1500円
-みずほ証券-1500円1500円
-三津井証券-1500円1500円
-第四証券-1500円1500円
-静岡東海証券-1500円1500円
-大和証券-1000円1000円
-ゆたか証券500円1000円1000円




固定5年債の個人向け国債を200万円以上の大口で購入するケース

ここでは、個人向け国債の固定5年の個人向け国債を、200万円以上から大口まで購入する際の、現金プレゼントの金額の一覧です。2018年12月度においては、この金額帯で一番お得な金融機関は、香川証券、三木証券となります。500万円以上で一番お得な金融機関は複数社となります。

・表の中のい数字が、プレゼント条件の一番良い会社、い数字が二番目に良い会社です

順位販売会社200万円以上300万円以上400万円以上500万円以上1000万円以上
1位香川証券6000円9000円1万2000円1万5000円3万円
1位三木証券6000円9000円1万2000円1万5000円3万円
2位SMBC日興証券4000円6000円8000円1万5000円3万円
2位いちよし証券4000円6000円8000円1万5000円3万円
2位東洋証券4000円6000円8000円1万5000円3万円
2位野村証券4000円6000円8000円1万5000円3万円
2位丸三証券4000円6000円8000円1万5000円3万円
2位岡三にいがた証券4000円6000円8000円1万5000円3万円
2位エイチ・エス証券4000円6000円8000円1万5000円3万円
2位むさし証券4000円6000円8000円1万5000円3万円
3位岡三証券5000円7500円1万円1万2500円2万5000円
-SBI証券新規4000円
2000円
新規5000円
3000円
新規6000円
4000円
新規7000円
5000円
新規1万2000円
1万円
-岩井コスモ証券3000円4500円6000円1万円3万円
-みずほ証券3000円4500円6000円1万円3万円
-大和証券2000円3000円4000円1万円3万円
-ゆたか証券2000円3000円4000円1万円3万円
-静岡東海証券3000円4500円6000円1万円3万円
-三津井証券3000円4500円6000円1万円3万円
-第四証券3000円4500円6000円1万円3万円
-静岡東海証券3000円4500円6000円1万円3万円
-播陽証券4000円6000円8000円1万円2万円
-楽天証券4000ポイント6000ポイント8000ポイント10000ポイント20000ポイント




固定3年債の個人向け国債を50万円以上、200万円まで購入するケース

ここでは、個人向け国債の固定3年の個人向け国債を、50万円以上200万円まで購入する際の、現金プレゼントの金額の一覧です。2018年12月度においては、この金額帯で一番お得な金融機関はSBI証券になります。

・表の中のい数字が、プレゼント条件の一番良い会社、い数字が二番目に良い会社です

順位販売会社50万円以上100万円以上150万円以上
1位SBI証券新規2500円
500円
新規3000円
1000円
新規3000円
1000円
1位楽天証券500ポイント2000ポイント3000円ポイント
2位香川証券1000円2000円2000円
2位三木証券1000円2000円2000円
3位岡三
にいがた証券
-2000円2000円
3位むさし証券2000円2000円
-第四証券-1500円1500円
岩井コスモ証券-1000円1000円
-東洋証券-1000円1000円
-みずほ証券-1000円1000円
-ゆたか証券500円1000円1000円
-三津井証券-1000円1000円




固定3年債の個人向け国債を200万円以上の大口で購入するケース

ここでは、個人向け国債の固定3年の個人向け国債を、200万円以上から大口まで購入する際の、現金プレゼントの金額の一覧です。2018年12月度においては、200万円以上で一番お得な金融機関は、楽天証券、香川証券、三木証券、岡三にいがた証券、SBI証券となります。500万円以上で一番お得な金融機関は複数社となります。

・表の中のい数字が、プレゼント条件の一番良い会社、い数字が二番目に良い会社です

順位販売会社200万円以上300万円以上400万円以上500万円以上1000万円以上
1位楽天証券4000ポイント6000ポイント8000ポイント10000ポイント20000ポイント
1位香川証券4000円6000円8000円1万円2万円
1位三木証券4000円6000円8000円1万円2万円
1位岡三にいがた証券4000円6000円8000円1万円2万円
1位むさし証券4000円6000円8000円1万円2万円
2位SBI証券新規4000円
2000円
新規5000円
3000円
新規6000円
4000円
新規7000円
5000円
新規1万2000円
1万円
3位第四証券3000円4500円6000円1万円2万円
-東洋証券2000円3000円4000円1万円2万円
-岩井コスモ証券2000円3000円4000円7500円2万円
-ゆたか証券2000円3000円4000円7500円2万円
-みずほ証券2000円3000円4000円6000円2万円
-三津井証券2000円3000円4000円6000円2万円

※:本サイトの更新の都合上、最新のキャンペーンと異なる場合があります。

個人向け国債キャンペーンならSMBC日興証券

個人向け国債はメリット大・その特徴とは?


[check]
個人向け国債は、元本割れの不安を解消した商品となり、満期時の元本や半年毎の利子の支払いも、国が行っているので安心です。各金融機関は、販売窓口の役割となります。


[check]
経済の環境等により、実勢の金利が下落した場合も、年0.05%の最低金利を保証され、密かに人気となっています。


[check]
個人向け国債の購入金額は、1万円からでき、手軽です。又、発行後1年以上経過すると、額面1万円単位で中途換金ができます。


[check]
個人向け国債の種類は、変動金利型の「変動10年」、固定金利型の「固定5年」「固定3年」の3種類があります。

⇒個人向け国債!販売会社別キャンペーンの完全比較トップへ戻る