red*第36回SBI債 年0.50% [#g117504a]
完売しました

sbi債

⇒ SBI証券 全員に2,000円プレゼントされる!!口座開設はこちら(無料)


発行体SBIホールディングス株式会社
期間役2年
格付けBBB(R&I)
利率0.50%(税引前)
申込単位額面10万円以上、10万円単位 先着順 上限額なし 
売出価格額面100円につき100円
申込期間2017/3/17(金)12:00~3/28(金)14:00
発行日2017/3/28
償還期限2019/3/29
利払日年2回 3/29・9/29
発行額200億円
その他-



利金イメージ


第36回SBI債の起債 既に完売

人気の高いSBI債が起債されましたが条件が以前に比べて格段と悪くなっています。第33回債は年1.42%期間1年でした。
第36回債は0.50%でしかも2年、かなり魅力に欠けてきた感があります。何度もお伝えしますが社債は信用リスクの伴う商品となり
元本保証とはなりません。



しかし先着順で募集期間前に既に完売してしまいました。人気健在と言った所でしようか?

第34回SBI債 完売

完売しました。
SBI債34回債

発行体SBIホールディングス株式会社
期間役2年
格付けBBB(R&I)
利率0.70%(税引前)
申込単位額面10万円以上、10万円単位 先着順 上限額なし 
売出価格額面100円につき100円
申込期間2016/5/25(水)16:00~6/3(金)14:00
発行日2016/6/6
償還期限2018/6/7
利払日年2回 6/7・12/7
発行額200億円
その他-


利金のイメージ

利金イメージ画面

格付け

R&I画面

  • AAAから始まりBBB迄が一般の個人投資家でも投資適格とされています。但し格付けは目安です。

感想

第34回SBI債年0.70%で販売!

人気の高い円建て債券のSBI債の販売が分かりました。
今までと違う点は抽選ではなく、先着順の販売となり上限額もなく期間が2年となっています。
年利が微妙な年0.70%(税引前)0.557%(税引後)となっています。
33回債→1.42%
32回債→1.43%
31回債→1.43%

31回債から33回債は1.43%・1.42%と非常に魅力があり期間1年の手軽さが人気でなかなか約定できませんでした(抽選)


同じネット証券のマネックス証券が先日「マネックス債」年0.60%期間1年を販売し瞬殺ではありませんが、申込期間前に完売しています。

円建の債券は為替リスクを引き受けない点も魅力の一つです。マイナス金利導入後、個人向け国債は下限金利を維持している状態、銀行も金利引き下げを余儀なくしている状態です。

SBI債は1%以上の利率が魅力でしたが、0.70%と微妙な利金に留まっていますので、抽選でもなく上限金額もなく期間が2年と延長されたのではないかと考えます。



個人向け国債や定期預金とは違い(元本保証)SBIホールティングスの信用リスクを引く受ける債券となり格付けもBBB投資適格ギリギリのラインです。


個人向け国債の計算方法が変更になった35回債の利率は0.77%でした。個人向け国債は元本が保証されており発行体が日本国政府ですからその時点では個人向け国債が文句なしで軍配が上がります。


現状のマイナス金利時代SBI債の0.70%が光って見えるのが何とも寂しい感があります。

ご自身のリスク許容度を加味し投資することをお勧めします。
SBI債は元本保証ではなく投資商品となります。


ともあれマネックス証券の「マネックス債」同様、第34回SBI債も申込期間前に完売になることが予想されます。
社債の発行は突然告知されますから、事前に口座を保有していないと機会損失になりますからご注意ください。


追記
先着順の第34回SBI債、利率が0.70%と微妙で人気薄かもと考えましたが、SBI債の人気は健在でした。管理人が夕刻に取引できるか確認した時点で既に完売。午後16:00からの時間は普通仕事してますよね残念です。


⇒ SBI証券 全員に2,000円プレゼントされる!!口座開設はこちら(無料)


SBI債の発行は不定期な為、事前の口座開設は泌須です。

第33回SBI債 完売

完売してます。
第33回SBI債画面


発行体SBIホールディングス株式会社
期間1年
格付けBBB(R&I)
利率1.42%(税引前)
申込単位額面10万円以上、10万円単位
 申込上限顧客1件 1申込金額の上限1,000万円 
売出価格額面100円につき100円
抽選申込期間2016/1/13(水)12:00~1/15(金)15:00
償還期限2017/1/26
利払日2016/7/26,2017/1/26
発行額200億円
その他申込は1口座につき1回限り、上限金額1,000万円迄


いよいよ販売開始 第33回SBI債 年1.42%!

人気の高いSBI債の33回債の申込が始まっています。格付けはBBBと高いわけではありませんが投資適格範囲となります。


社債は信用リスクを伴いますが、円建て債券のため為替リスクがなく、期間も1年と短いため非常に人気の社債です。


抽選による申込になり申込をしていますが今まで31回債が約定できただけでした。物凄い人気が伺えます。



抽選に当たる方法をSBI証券の方に伺ったことがありますが、厳選なる抽選の為申込を早くしたり、金額の大小も一切関係ないとのことでした。


個人的には1顧客につき1件の申込しかできないので、家族間であれば、夫婦や親子別々で申込をして当選確率を上げる施策をどうかと考えています。



社債ですから元本が保証されている訳ではありませんが、信用リスクを引き受けても良いと判断しています。
個人向け国債と同様に教育資金の運用として管理人は活用しています。



格付け会社によるとSBIホーリディングスはSBI証券を中心とする金融サービス事業の収益力は底堅い、ベンチャーキャピタルを中心とする事業は業績の変動がしやすい、新規事業展開に積極的で買収等のタブルレバレッジ状態にありBBBとしていると記載があります。


申込をしないとはじまらないので今回も申込をします。
個人向け国債と違い元本が保証されている商品ではありませんから自身のリスク許容度を加味し投資してください。

先ほど、第33回SBI債の申込をしました。SBI証券では個人向け国債、円建債券、投資信託は積み立てで行っているのでログインをこまめにしませんから未読のお知らせに目を通すのに時間がかかりました。SBI債が先着順では到底間に合わなかったと感じます。(苦笑)抽選になり目論見書も目を通すことができてよかったです。目論見書の一部


知人は12月に定期預金にした分の何と1,000万円を解約しSBI債の申込をするそうです。抽選で当たれば利金は142、000円(税引前)税引後でも113、100円になります。資金がある方が羨ましい限りです。労働で得るお金にも働いて貰うそんな時代になりました。


但し、SBIホールディングスの信用リスクを引き受けることになる事を忘れないでください。

●追記
SBI債約定出来ず画面

第33回約定出来ず 残念!

SBI証券にログインし「お知らせ」をワクワクしながら見た処
上記の画面が・・約定できないと本当に残念な気持ちになります。

知り合いの方々は「今回は人気薄なのか約定できた」と話してました。運の問題ですね

次回の販売に再チャレンジです!



SBI債33回利金画面
格付け

第32回SBI債完売

販売終了しています。
第32回SBI債画面

発行体SBIホールディングス株式会社
期間1年
格付けBBB(R&I)
利率1.43%(税引前)
申込単位額面10万円以上、10万円単位
 申込上限顧客1件 1申込金額の上限1,000万円 
売出価格額面100円につき100円
抽選申込期間2015/4/13~4/15
償還期限2016/4/27
利払日2015/10/27,2016/4/27
発行額200億円
その他申込は1口座につき1回限り、上限金額1,000万円迄



利金のイメージ
SBI債利金イメージ画面

第32回SBI債年利1.43%

2月にSBI債31回が販売され、2ヶ月あまりで現在債32回債が販売されています。

今回も抽選による販売となっています。非常に人気の高い円建て債券ですが、個人向け国債と違い信用リスクを伴う債券です。(元本保証ではありません)リスクを考慮して検討されてください。

追記、
14日に第32回SBI債の申込をしました。以前は申込順でしたから販売されると即購入するスタンスで心臓に悪く、それでも購入出来ませんでした。

現在は抽選運もありますが自分の都合に合わせ申込できるので心臓にはやさしくなったのではと考えます。
後は抽選を待つのみです。

検討している方は2015/4/15(水)16:00迄申込 ですので
ご注意ください。

32回SBI債当選結果は?

約定ならず!残念

32回SBI債に申込ましたが、ログイン後下記メッセージで確認したところ、約定できませんでした。

やはり凄まじい人気ぶりです。SBIホールディングスの知名度、期間1年、利率1.43%は当初からは下がっていますが(第1回債1.8% 第6回債~第13回債1.9%)やはりまだまだ魅力的で信用リスクを取っても購入したい方の多さを感じます。


供給と需要のバランスが今の所「供給<需要」となっています。


SBI債の発行は次回何時販売されるのか?が分らない所が何とももどかしい限りです。


SBI証券でNISA口座を開設し投資信託の積立をスタートさせたので、(世界経済インディクスファンド バランス型)そちらの積立金額を少し増額する資金に回すことにしました。


参考)
32回SBI債メッセージ画面


第31回SBI債  完売

第31回債は完売してます

第31回SBI債1.43%販売開始画面

発行体SBIホールディングス株式会社
期間1年
格付けBBB(R&I)
利率1.43%(税引前)
申込単位額面10万円以上、10万円単位
売出価格額面100円につき100円
抽選申込期間2015/2/16~2/19
償還期限2016/2/26
発行額200億円
その他申込は1口座につき1回限り、上限金額1,000万円迄

※:第31回債・2015/2/26発行。SBI債の発行は不定期になります。年に数回、期間限定で販売されていますので、ご留意ください。SBI証券の口座を開くと、SBI債販売前にお知らせメールが届きます。

第31回SBI債 販売されました 完売

2013年12月に申込されて以来、念願のSBI債がやっと販売されます。気になる利率は1.43%と前回の30回債1.52%より下がりましたが、それでもSBIホールディングスの円建社債、人気は抜群です。


社債ですから信用リスクを取りますが100万円購入した場合1年後には14,300円(税引前)の利金が受け取れます。


抽選申込期間は2015/2/16(月)18:00~2/19(木)16:00です。上限金額は1,000万円迄です。

31回債は抽選申込期間中であればキャンセルが可能となっています。前回までは申込期間中でもキャンセルはできませんでした。


また、申込金額の大小、申込の順番等一切関係なく厳正なる抽選であるとのことです。

●抽選にあたっては、抽選対象となるお客様の申込毎に番号(乱数)を付し、その番号を対象に厳正な抽選を行う SBI証券一文より



参考)SBIホールディングス通期財務状況
(yahooファイナンスより)

追記
31回債も抽選ですが申込をしました。先着順の時から購入できず
抽選になり一度も約定できませんでしたが、今回初の当選です。
チヤレンジを続けた甲斐がありました。


過去のSBI債発行条件等(参考)

SBI債の購入方法手順

SBI債は個人向け国債と違い元本保証ではありません(信用リスクを伴う)資産運用は自己責任でお願いします。

SBI債が抽選になり当選がなかなかできませんが再々チャレンジで申込をしました。

購入方法が分らない方は参考にして下さい。

SBI証券にログイン後
SBI債画面
債券のタグをクリックしSBI債を確認

SBI債画面
SBI債の発行条件の画面を確認

SBI債画面
申込画面 諸条件をよく確認

SBI債目論見書画面

目論見書を確認

目論見書は細かく注意事項が記載されています。
円貨建て債券の契約締結前交付書面

●手数料などの諸費用について⇒(SBI証券と相対取引の場合は購入対価のみの支払)
●金融商品市場における相場その他指標にかかる変動などにより損失が生じる恐れがあります
●有価証券の発行または元利金の支払いの保証者の業務または財政の状況の変化などによって損失が生じるおそれがありあmす
●円貨建て債券の取引はクーリング・オフの対象にはなりません


SBI証券の概要
商号、本店所在地、加入協会(日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会)、指定紛争解決機関(金融しょうひんあっせん相談センター等)、資本金(47,937,928,501円平成25年3月31日現在)、金融商品取引業、設立(昭和19年33月)等


リスクの要因及び留意点、売出有価証券の概要、事業内容の概要経営指標の推移 連結経営指標 売上高から自己資本比率2014/3 58.7等の経営数値 自己資本比率は一般的に70%以上なら理想的、40%以上なた倒産しにくい企業と言われています。
その他経営指標等が5期分掲載されています。


SBI債注文画面
目論見書を確認後、購入する場合は申込画面に進みます。

SBI債買付け画面
買付したい金額を入力、SBI債は10万円から購入可能です。

SBI債注文完了画面

SBI債注文照会画面
注文ができたか照会画面で確認 ※抽選申込期間中はキャンセル可能

各付BBBと投資適格ギリギリのラインですが、1年満期で1.43%なので買付をしました。教育資金となります。

抽選で約定されなければ、買付けできたとはいえませんが・・


SBI債抽選結果の確認方法

SBI債の当選確認手順
 ログイン後⇒SBI証券のお知らせ
SBI証券お知らせ画面
↓ (この瞬間、ドキドキ)


SBI債当選確認画面
(一目では分からず、読み進めて当選と分りました)

別の方法
取引>円貨建債券>注文紹介(注文履歴)

31回SBI債約定しました

思えば、先着順の時にわずか数分の差で購入出来ずSBI債の凄まじい人気を思い知らされていました。抽選方式になり私と家族の分と分けて確率を上げてきたものの、ことごとく当選ならず。

ここまで来るとSBI債は「買えない物」と半ば諦め感もありましたが、申込をしないと始まらないので、今回もチヤレンジ やっと約定できました。チャレンジしてみるものです。



今回特に販売と同時に申込をした訳でもなく、金額も高額な訳でもなく巷で言われているマネープラザを利用した訳でもありません。
利率が下がり人気薄になったのか?と思いましたが何人もの知人たちは「落選した」と話していましたので、運が良かったのでしよう。


SBI債の販売は2013/12/24依頼となっており、何時販売になるか分りませんので、購入を検討している方は事前に口座開設を済ませておくのが前提です。 尚、人気の為1口座1回の申込の制限がありますので、ご家族で別に申し込む等の工夫を検討しても良いでしよう。(投資は自己責任となります)