夏のボーナスの10%を個人向け国債を購入してみる

お盆の時期になり、一般のサラリーマンの方々もお休みだと思います。この時期に旅行に行ったりと何かと出費がかさむ時期にもなります。せっかくの旅行だからとお財布の紐も緩みがちですね


夏のボーナスの使いみちので旅行・娯楽・物を購入等々 、ローンの返済等々、貯蓄もしたいと検討されているそうです。

貯蓄についてお話するとすれば、支給額の10%を貯蓄に回すお金にすると決めてみる方法があります。


無理な金額を貯蓄に回しても、後から解約するのでは本末転倒となります。支給された10%だけは、先に貯蓄してしまうのです。これを先取り貯蓄といいます。


「残ったら・・貯蓄に回す」という考えでは資産は増えません。
知らない間に何に使ったのだろう?という出費がでてきます。

支給された10%という値は、負担に感じずにできる金額となります。



先にお話した欲張って多く貯蓄するとせっかくのレジャーも楽しめない事にもなります。お金は人生の中で大切ではありますが


貯蓄だけでは息もつまります。しかし全てを消費しては心の中のわだかまりの原因にもなります。


そこで10%だけは先に貯蓄してしまうのです。夏のボーナスシーズンとなりおなじみの定期預金もサマーキャンペーンを開催しています。利率が良ければ安全資産として定期預金を活用する方法もあります。


本サイトでご紹介している個人向け国債は元本保証型の安全資産としても効果的です。マネックス証券が個人向け国債キャンペーンを1万円から対象としたことで、断然と活用しやすくなっています。


プレゼント金額だけで0.2%となり全国の銀行が概ねおこなっている銀行の
「店頭金利+0.1%上乗せ」キャンペーンより魅力的とも言えます。

マネックス証券やSBI証券、楽天証券はネット証券となるため
勧誘等の連絡の電話が無い所も嬉しいですね。


夏のボーナスの使いみち、結論はバランスですレジャーや消費と貯蓄のバランスが大切と言えます。

コメント


認証コード8597

コメントは管理者の承認後に表示されます。