個人向け国債のキャンペーン情報 販売会社のキヤンペーンの比較を解説しています。毎月更新

SMBC日興証券証券インタビュー特集2

Top / smbc日興証券インタビュー特集2

SMBC日興証券インタビュー特集2

SMBC日興証券
SMBC日興証券
ダイレクトチャネル事業部 副部長 村山さま(左) 川名さま(右)

個人向け国債と他の商品について



管理人画面

質問)個人向け国債を購入している方は他にどんな金融商品を買付けしていますか?(個人向け国債の次のステップアップの傾向)





SMBC日興証券 美根さま画面
他の商品の傾向(ネット 取引)として今は株を購入されているかたも多くいらっしゃいます。

少額で気になる銘柄や株主優待などがある銘柄をご購入される方や、配当金がある商品を探されているお客様もいらっしゃいます。


証券会社の活用法について

管理人画面

質問)資産運用初心者の方に資産運用の必要性と何からはじめたら良いのかアドバイス頂けますか?


SMBC日興証券 美根さま画面
低金利ですので、定期預金に預けているだけだとインフレ時には、相対的に価値が下がります。(それを出来るだけ回避するためのファーストステップとして)、個人向け国債があります。

その次の一歩として、投資信託や株式もございます。

大きい金額ではなくて、少ない資金から始めて頂く事ができますので、初めの一歩として頂いてもよろしいかと思います。



NISAは年間100万円まで税制優遇がありますので、これを逃す手はありません。当社でもそういった初心者の方向けに、NISAキャンペーンを行っております。NISAをきっかけに投資をスタートされる方も多くいらっしゃいます。


まずは、資金の性格や投資経験、金融知識、運用の目的などに合った商品を選ぶことができるよう、どのような投資をしたいかについて考えていただくことが重要です。



NISAとは?SMBC日興証券のキンカブとは?



投資初心者から投資に慣れている方向けの動画セミナーや参加型セミナーも行っております。ホームページに掲載しておりますので気軽にご参加ください。


証券会社は気軽に活用できますか?

管理人画面

質問)証券会社は敷居が高いとか怖いと言うお話しを良く聞きますが如何ですか?





SMBC日興証券 美根さま画面
まとまったお金やリスクの高いものしかないと誤解される場合がありますが、当社の場合、株式であっても「キンカブ」という商品は1万円からご購入いただけます。

投資信託も1万円から購入頂けます。まとまった資金やタイミングを計るのが難しいと考えている方にはコツコツと積み立てて投資信託を購入できる「投信つみたてプラン」もございます。



はじめは、ホームページをご覧いただいて、気になる事がございましたらコンタクトセンターにお気軽にご連絡ください。

SMBC日興証券の店舗にご来店いただければ、スタッフが丁寧にご説明いたします。まずは、話を聞いてみるところからスタートしてみてはいかがでしょうか。


ダイレクトコースと総合コースの違い



管理人画面

質問)ダイレクトコースと総合コースの違いを教えて頂けますか?



SMBC日興証券 美根さま画面
ダイレクトコースは、オンライントレードやコンタクトセンターを使って、ご自分のペースでお取引できるコースです。支店よりも株式委託手数料は70%割引、信用取引なら無料です。ダイレクトコースのみで取り扱っている投資信託もあり、ご購入いただける投資信託は750本以上、申込手数料無料の投資信託も150本以上取り扱っています。


総合コースは、支店担当者からのアドバイスや投資情報の提供を受けながらお取引いただけるコースです。


それぞれのコースはお客様に選んでいただくことができ、途中でコースを変更することも可能です。


SMBC日興証券を活用するメリット・他社との違いについて



管理人画面

質問)他社との違いと、SMBC日興証券を活用するメリットを教えて頂けますか?





SMBC日興証券 美根さま画面
当社は三井住友銀行が親会社になりますので、連携サービスとしてバンク&トレードを活用して頂くと三井住友銀行での資産と当社での資産の残高管理を一括で(オンライントレード上)出来る利便性がございます。

三井住友銀行と連携バンク&トレード画面

三井住友銀行と連携バンク&トレードイメージ画面


ネット証券とは異なり、店舗を利用することもできますので、「何か聞きたいな。」という時にも、対面でお話できるのも安心感があると思います。

また、総合証券ならではの魅力としては、IPO(新規公開株)等の銘柄も豊富ですので、是非ご活用いただければと思います。



当社アナリスト等のレポートをはじめとした、投資情報・レポート等もご用意しています。



コンタクトセンターも専門機関から高い評価を頂いております。お客様から質問頂いた時に丁寧に対応しております。私共が誇れる点でもありますので安心して活用して頂きたいと思います。


SMBC日興証券林さま
ホームページも外部の機関から高い評価を頂いております。WEBで見て分かりやすく何か質問したい時コンタクトセンターに連絡すると直ぐに対応する連携が出来ております。ホームページでも分かりやすく情報を提供しておりますのでご活用下さい。

メールサービスも充実しており、メールサービスに登録して頂いていると個々のお客様に合った情報をお知らせしています。

(例えば、個人向け国債でしたら利払い案内やキャンペーンのお知らせ、投信信託の場合、基準価額や分配金のご案内等の情報提供をメールでご案内しております。)


お客様に合った様々なチャネルをご活用下さい。

必要な情報はホームページやメールでご提供いたしますので、はじめての方にはやさしく安心して活用頂ける証券会社です。



管理人画面

本日は貴重なお話しをありがとうございました。


インタビューより証券会社の活用のコメント

「貯蓄から投資を考えてみる必要性」について

[国民の多くが投資より貯蓄を選ぶ理由]内閣府の特別世論調査(2010年)


●購入方法が分からない
●投資のことを良く知らないから
●銀行へ預けていれば安心
●元本が減る可能性があるから
●投資する際の手数料が高い
●証券会社や証券市場への不信感
●投資したい企業がないから


私達の生活に投資を身近に感じている方はまだまだ少ないのが現状です。しかし、これからの時代において貯蓄だけをしていては今のシニア層のような、ゆとりある人生を過ごすのが難しくなっています。


[ゆとりある人生を過ごすのが難しい理由]
低金利の預貯金では、インフレの場合お金が目減りしてしまう。
我が国の国内自給率は低く、インフレが続く海外諸国からの輸入依存度が高いため、将来物価上昇の影響を受ける可能性があり物価上昇率より預貯金の金利が低い場合に実質的には預貯金は目減りしてしまいます。


公的年金だけではゆとりある人生を過ごすのが難しい
年金問題として厳しい財政状況にあり、老後の生活資金の柱である年金も将来的に受給期間が延長されたり年金額が減額される可能性がある

低金利のため利息が増えない
例)メガバンクの定期預金の金利1年もの年0.025%、10年もの年0.100%


給与の増加が難しい
年功序列で給与の昇給が難しくなってきている

[お金を増やすためにはどうしたらよいのか]

●収入を増やす
●節約する
投資する(お金に働いてもらう)

収入を増やす部分では共働き世帯は年々増加し夫が雇用者と妻が無職者の世帯は減少している傾向にあり、節約に関しても多かれ少なかれ心がけている世帯も多い傾向にあります。


収入増加や節約の対策を取っている世帯は多くそれでもゆたかな人生をおくるのが難しいのが現状ではないでしようか、4月からの消費税増税も私達の生活に直接影響が出ています。


預貯金だけで生涯にわたり不安のない資産を形成するのが難しくなってきています。正しいお金の知識と行動力を身に付けることが大切な時代になってきたと実感しました。


まずは、現状の資産を把握し、目標を決め(概算でも良い)、自身に合った運用を始めてみることが大切だと考えます。自身のリスク許容度に応じ証券会社の活用は人により様々でよく、(少額で安全な個人向け国債だけでも良い)


銀行より馴染みが薄い証券会社ですが銀行と変わりなく付き合うのは何ら特別な人ではなく一般的な私達が活用し自分に合った付き合い方をしていけば良いことをインタビューを通じ感じました。

参考)管理人の個人向け国債の取引画面はコチラ


SMBC日興証券インタビュー画面

この貴重な機会を設けて頂いた
村山さま、林さま、美根さま、川名さま、高橋さま、木村さま、小笠原さま、堀田さまに、この場をお借りし深く御礼申し上げます。


⇒SMBC日興証券口座開設(無料)はコチラからご利用頂けます 


powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional