証券会社と銀行どちらで個人向け国債を購入するのがいいのか?

証券会社と銀行どちらで個人向け国債を購入するのがいいのか?

当サイトでは、個人向け国債のキャンペーンを中心にお知らせしています。良くご質問いただくのが、証券会社と銀行ではどちらを選んだ方が良いのでしょうか?と言うご質問です。

結論から言えば、証券会社です。なぜならプレゼントの還元率が証券会社の方が格段に上だからです。つまりお得という事になります。

一般の人にとっては、証券会社よりも銀行の方が馴染みがあり、誰でも普段から活用し、普通預金は普段の生活の入出金に頻回に使っているのも銀行です。

一方証券会社は、日常の生活というよりも、お金を運用する、投資するイメージがあり、元本保証の商品など取扱がないのではないかと思っている人もいるかと思います。

つまり、証券会社とは、お金に余裕のある富裕層が利用するイメージがあるかとも思います。

しかし、個人向け国債は証券会社、都市銀行、地方銀行、信託銀行、第二地方銀行、農林中央金庫、農業協同組合、農業協同組合連合会、信用組合、信用金庫、労働金庫、ゆうちょ銀行の金融機関で購入か可能で、全く同じ商品です。

そして、上記の金融機関は販売窓口になっているだけで、発行元は国となります。

そもそも、個人向け国債キャンペーンがなぜ開催されるのか?は
国が販売窓口に委託した金融機関に販売手数料を支払っており、その手数料がキャンペーンの原資となります。

銀行の場合は、本来ならば定期預金という商品もあり、わざわざ個人向け国債キャンペーンを積極的に販売する必要もなく、証券会社のような高還元率にする必要も薄いのです。

一方で証券会社の場合は、新規顧客を見込みたいこともあり、元本保証の商品としては、個人向け国債を積極的にキャンペーンをする意味があるのです。

なので、証券会社の方が銀行よりも、高い還元率でキャンペーンを開催しています。

証券会社としては、個人向け国債の次のステップに顧客が興味を持ってくれたら、国からの手数料など度外視しても良いということになると思われます。

私達、一般の人にとっては銀行よりも馴染みがないかもしれませんが、証券会社を活用した方が断然と個人向け国債キャンペーンはお得です。

管理人も証券会社で個人向け国債キャンペーンを利用し購入していました。子供の教育費のためだったので、現在は購入していません。

そして、個人向け国債キャンペーンを利用するためだけに、証券会社に口座開設をし、購入するのも個人向け国債だけにとどめました。

他のリスク資産は、その商品の内容を良く理解しないと、購入するのは控えた方が良いという判断です。

今はネットの時代なので、ネットで取引できる証券会社のみを利用しました。それは、他の商品を勧められても困るからです。

証券会社の窓口に行くのは、銀行よりも気軽とまではいかないと思います。別に、押し売りされることもないと思いますが、ネットで完結できるなら、その方が楽です。

銀行を選んだ方が良い人は、普段その銀行と取引があり馴染みがある人か少額でもキャンペーン対象となってる場合です。

証券会社の場合は、個人向け国債キャンペーンは25万以上から(ゆたか証券)です。ほとんどは100万円からキャンペーンとなっているので、少額には対応していないからです。

現在の個人向け国債の金利は変動10年、固定5年、固定3年どれも0.05%と下限金利となっています。しかしキャンペーンを利用することで、100万円購入でトップの香川証券や三木証券ならば0.4%の還元率です。つまり4000円プレゼントされてしまいます。

仮に、1000万円ならば、4万円、そして1億円ならば40万円のプレゼントになると言うことです。

今、定期預金でも0.2%代が高金利と言われる中で、プレゼントだけで
0.2%から0.4%の還元率はかなり、お得と言えます。

あなたが、インターネットが使える環境にある人ならば、ネットでサクサクと口座開設をし、お好きな証券会社を使う事をおすすめします。

ネットで個人向け国債を購入できる金融機関
http://government-bond.dd-saving.com/index.php?go=ofTUbf

コメント


認証コード3722

コメントは管理者の承認後に表示されます。