SMBC日興証券口座開設キャンペーンは2月27日で終了

大手証券会社SMBC日興証券の口座開設キャンペーン

大手証券会社の一つSMBC日興証券はイチローのCMでおなじみですね。実店舗があるので対面で相談したい方には安心なSMBC日興証券のダイレクトコース限定で12月から口座開設キャンペーンを開催しています。


ダイレクトコースはネット取引が主ですが、途中でコンサルティングコースに変更も可能ですから、自身の都合に合わせることができます。


今回のキャンペーンは他でも紹介していますが、SMBC日興証券の口座開設をし、MRF(証券総合口座)に30万円以上の入金をするだけで現金3,000円プレゼントされます。


このMRFに入金した30万円を使い個人向け国債の購入資金にしても良し、他の気になる商品を買付けしてみるもよし、又今は何も購入しないのもよしと自由に使える所が魅力です。


銀行の定期預金の利率が低迷している中で30万円で3,000円プレゼントされるということは1%で運用できたことと同じです。
3,000円のプレゼントは3月末に入金されます。2月末に口座開設すると、わずか1ヶ月位で1%ゲットできるのは嬉しい限りです。


NISAも始まり、資産運用というと言葉を耳にする機会も増えましたが、では何処の金融機関で資産運用するかは個人の自由ですから、各金融機関も魅力的なサービスを開催しているのです。


証券会社と一言にいっても、やはり付き合っていく中で自分との相性があります。ネットで全て完結したい人はネット証券がおすすめですし、


ネット証券の中でも自分が購入したい商品が充実しているか、手数料は安いか等で決める方もいれば、ホームページの見易さや取引のやりやすさ、その証券会社でしか扱っていない商品と


ユーザーである私達の希望に近い証券会社を選択できます。中には
やはり「いざ困った」時に対応が親切なコールセンターを希望したい方もいるでしよう、これは実際に証券会社を使ってみないと分からないですね


やみくもに多数の証券会社の口座を持つ必要はありませんが、複数の証券会社を実際使ってみて自分に「しっくり合う」所を見つけても何ら問題ありません。(NISAの場合は一金融機関)


管理人は昔、カンカク証券、山一証券も活用したことがあります。
現在は大手証券会社はSMBC日興証券、ネット証券ではSBI証券をメインに活用していますが。口座はマネックス証券、フディリティ証券、松井証券、セゾン投信、大和証券、野村証券・・都複数の証券会社を活用しています。


ここまで口座を持つ必要はありませんが、その証券会社でしか取り扱わない商品があったり、同じ商品でも手数料が安かったりしたので、自然と増えました。


証券会社に口座を開設しても特に勧誘の連絡も〇村証券以外はこないので、初心者の人も安心してください。(ダイレクトコースを選ぶ)


何処の証券会社がいいのか?は人それぞれ重要視する所が違いますから何ともいえませんが、初心者の内は「どの商品が良いか」というよりも、パソコンでの操作のやり方だったり、入金や出金の方法
という所で親切な対応をしてくれる金融機関が安心です。


いろいろな証券会社を活用していて、コンタクトセンターが比較的繋がりやすく、親切な対応(パソコンの操作のやり方と一緒に)に丁寧に教えてくれたのがSMBC日興証券でした。
他もあるかもしてまでんが、とにかくパソコンの画面が分りやすいことや親切な対応をしてもらえないと、資産運用所ではありませんからね 初心者はこんな所もポイントにすると良いと考えます。

コメント


認証コード5521

コメントは管理者の承認後に表示されます。