野村証券で口座開設をしてみた。

個人向け国債のキャンペーンは様々な金融期間で行われています。個人向け国債事態は何処の金融機関で購入しても、なんらかわりません。国が元本や利子を管理しているので、金融機関は窓口にすぎないのです。



しかし、各金融機関の使い勝手の良さや又使い勝手の悪さ等の比較は実際に口座開設し、取引をして使ってみないと分からないと考えています。そこで今回、野村証券の口座開設を行ってみました。


口座開設を完了した際に、届いた野村証券からの手紙には、驚きました。
今まで様々な銀行、証券会社で取引を開始していますが、口座開設をした御礼の手紙が届いたのは初めてです。上質な紙に縦書き、(内容はコピーだと思います。)一通づつ手書きにしていたら、大変ですものね(笑)


手紙画面



問い合わせの対応は、質問事項が複数あり、「そのご質問は違う部署で」と質問毎に違う人になるのは若干残念でした。



管理人は現在、投資信託は個人向けDCを活用しているため、証券会社では、安全資産の運用として個人向け国債の買付けのみを行う予定ですので、その範囲での、感想になります。

コメント


認証コード0133

コメントは管理者の承認後に表示されます。