個人向け国債のキャンペーン情報 販売会社のキヤンペーンの比較を解説しています。毎月更新

個人向け国債とクレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンク円建債券を比較

クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンク円建債券と比較

為替リスクなしのクレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンク円建社債 マネックス証券完売 日興証券オンライントレード終了しました。


マネックス証券画面

日興証券画面


個人向け国債5年第28回クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンククレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンク
販売会社複数証券会社マネックス証券SMBC日興証券
期間3年4年5年
利率0.17%1.05%1.37%
発行体日本国クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンククレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンク
申込単位1万円10万円100万円
利払年2回年2回年2回
格付AA-A2(Moody's)、A(S&P)A2(Moody's)A(S&P)A+(Fitch)
受取利金(1年後に受取る利金)100万円買付1,7008,368円10,960円
中途解約1年経過後可中途解約可能中途解約可能
中途換金直2前回分の各利子
(税引前)相当額×0.8が差し引かれる
市場の相場による市場の相場による
為替リスクなしなしなし
販売期間-10/2~10/2510/15~10/24


  • クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンク債は中銀証券(4年 0.70%~1.0% 100万円単位)岩井コスモ証券(4年 1.05% 100万円単位)でも販売されています。

各付

格付け画面


発行体について

発行体画面
マネックス証券より引用


マネックス証券の発行条件

マネックス証券画面

マネックス証券

  • 100万円買付した場合の利金
    マネックス証券の利金画面

10/2~10/25迄マネックス証券よりクレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンク円建社債が販売されています。

円建の社債なので、為替リスクはありません。発行体のクレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンクは世界銀行の総資産ランキングでも上位で各付機関もAの投資適格の高い評価を得ています。

個人向け国債は国が発行し、社債は企業が発行しますから信頼度は国債に軍配が上がりますが社債はその分利金が高く設定さてれいます。

4年で1.05%の利率はまずまずと言った所でしようか。
欧州信用危機の問題も有りますから小額に留めておいた方が無難でしよう。

マネックス証券は個人向けの円建債券を不定期に小額単位で販売しているので条件の良い円建債券を買付けするのに便利な証券会社です。(申し込み単位が小額でOK)


SMBC日興証券の発行条件



日興証券画面



日興証券画面
日興証券の概要

利金

  • 100万円買付けの場合

1年後⇒5、480円×2=10,960円
合計54,800円(税引き後)

SMBC日興証券でもクレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンク円建債券が販売されます。 こちらは5年なので、マネックス証券より利率が高く1.37%です。

5年で1.37%の利率は低いと思います。日興証券の購入単価は100万円ですから良く検討する必要があるでしよう。

ただ、SMBC日興証券は他の証券会社で販売していない個人向けの条件の良い円建債券を取り扱う事が多いいので確保しておきたい証券会社になります。




powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional